2012/01/05

国際石油開発帝石、エジプトのウエスト・バクル鉱区の権益売却

国際石油開発帝石は4日、子会社エジプト石油開発株式会を通じて保有しているエジプト・アラブ共和国東部砂漠ウエスト・バクル鉱区の参加権益に関し、近隣鉱区でオペレーターとして操業活動中の加トランスグローブ社の子会社であるトランスグローブ・ウエスト・バクル社への売却が完了したことを発表した。

エジプト石油開発株式会社は1975年にウエスト・バクル鉱区の参加権益100%を取得以来、オペレーターとして3つの構造にて油田を発見し、生産操業を実施してきたが、同グループがグローバルに保有する資産構成の最適化を図るため、同鉱区の全参加権益を売却した。

【関連記事】
三菱商事、保有株を一部譲渡 太平洋金属がインドネシアニッケル開発に参画
丸紅、チリ産銅大手と鉱山共同開発 30%取得へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...