2012/01/17

キングジム、iPadで書類を電子化できるドッキングスキャナ「iスキャミル」発売


キングジムは、iPadを接続して、文書を手軽に電子化できるドッキングスキャナ「iスキャミル」を2月17日に発売する。価格は1万5540円。初年度販売目標数量は3万台。

ドッキングスキャナ「iスキャミル」は、スキャナ本体とiPadをDockコネクタで接続してiPadに直接データを取り込める、iPad/iPad2用のシードフィードスキャナ。アナログの紙情報を電子化してiPadで一元管理することができる。読み込み寸法は、名刺や写真、A4判の書類など幅216mm×送り356mmまで対応している。

使い方は、スキャナの電源をONにしてiPadを接続し、スキャナ本体に書類や写真をセットして、「i-Scan」アプリを起動したiPadからスキャンを実行。スキャンデータをiPadのカメラロールに保存すれば、電子化の作業は完了。取り込み時にはiPadの液晶画面にプレビューがライブ表示される。

また、スキャナ本体の電源がOFFの時にiPadを接続すれば、iPadを充電することもできる。

専用アプリ「i-Scan」はApp Storeで無料配信する。対応機種はiPad/iPad2、対応OSはiOS4.3.5以降。

【関連記事】
キングジム「ショットノート」にホワイトボードタイプが登場
エレコム、iPhone4/4Sと一体化したワイヤレスキーボードを発売
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...