2012/01/11

ホンダ、新型「アコードクーペコンセプト」を初公開 デトロイトモーターショー2012


ホンダは、米国ミシガン州デトロイトで開催中の2012年北米国際自動車ショーで、新型「アコードクーペ コンセプト(北米仕様)」のデザインスタディーモデルを世界初披露した。また、9代目となる新型「アコード」シリーズの概要を発表した。

新型アコードシリーズは、次世代革新技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を米国モデルとして初めて採用し、軽快かつスポーティーでレスポンスの良いCVTを組み合わせた2.4L直噴4気筒エンジン、3.5L V型6気筒エンジン、ホンダとして初となる2つのモーターで構成されるプラグインハイブリッドの3つの新型パワープラントを搭載する予定。

新型アコードとアコードクーペは、クラストップレベルの燃費性能の実現を目指して開発中で、2012年秋の発売を予定している。プラグインハイブリッドモデルは、「EV」「ハイブリッド」「エンジン直結」の3つの走行モードを使い分けることであらゆるシーンに応じた高効率のシステムを実現する。同モデルは、2013年冬の発売を予定している。

【関連記事】
ホンダ、次世代NSXを発表 デトロイトモーターショー2012

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...