2011/12/17

スズキ、インドネシアで戦略モデルを発売

スズキのインドネシアにおける二輪車、四輪車の製造販売子会社スズキ・インドモービル・モーターは、インドネシア向けの新型スクーター「nex(ネックス)」を15日に発表した。

スズキは、低燃費モデルが伸長しているスクーターカテゴリーの商品力の強化と、シェア向上のための戦略モデルとして「nex」をインドネシア市場に投入する。「nex」は「低燃費、軽量、コンパクト、乗りやすさ」を開発コンセプトとして、スタイリングの向上を図った。新開発110cmエンジンは燃焼改善、摩擦抵抗の低減、軽量化を徹底することで燃費を向上させた。

インドネシアの二輪車市場は近年増加傾向にあり、2009年度では630万台だった販売台数が2010年度では770万台に増加。アセアンでは最大、世界でも中国、インドに次ぐ第3位の市場規模となっている。

【関連記事】
富士重工業、グループNの参戦者へ活動支援
スバルの「The CarParts」、IAA日本ベスト広告賞でグランプリ受賞
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...