2011/12/15

『ドラゴン・タトゥーの女』ワールドプレミアにデヴィッド・フィンチャー監督、ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラが登場

© 2011 Columbia Tristar Marketing Group, Inc.

12日、デヴィッド・フィンチャー監督最新作『ドラゴン・タトゥーの女』のワールドプレミアがイギリス・ロンドンで開催された。監督のデヴィッド・フィンチャーをはじめ、主演のダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ステラン・スカルスガルド、脚本のスティーブン・ザイリアンが登場した。

劇中で過激な衣装で天才ハッカー、リスベット・サランデルを演じるルーニー・マーラは、役のイメージとは違い、可憐さとセクシーさを兼ね備えた白のジバンシィのロングドレスで登場。

映画賞レースが始まり、報道陣からオスカーに対して聞かれたダニエル・クレイグは「候補を出すのはいいのですが、考えると気が狂いそうになるので、あまり考えないようにしています」とコメントした。

ルーニー・マーラは演じたリスベットについて 「リスベットの誤解を受けたり見捨てられたりする感情に、観客の皆さんは誰しも共感できると思うわ」と語った。

【関連記事】
デヴィッド・フィンチャー最新作『ドラゴン・タトゥーの女』公開日が決定!
映画『アンダーワールド 覚醒』来年2月24日公開決定
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』に邦題決定!来年3月16日公開へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...