2011/12/20

スパイ小説の映画化『裏切りのサーカス』に邦題決定!2012年4月GW公開

元M16諜報員作家が描くスパイ小説の映画化『Tinker Tailor Soldier Spy』の邦題が『裏切りのサーカス』に決定し、2012年4月GWから日本公開されることが明らかになった。

舞台は1980年代の東西冷戦下、英国諜報部「サーカス」の元スパイ「スマイリー」(ゲイリー・オールドマン)に、20年にも渡り潜り込み、既にサーカスの組織の幹部に居座っていたというソ連のスパイを探し始末する任務が下された。敵味方の区別がつかない灰色の世界で凄絶な頭脳戦が繰り広げられる。

【関連記事】
サイレント映画『アーティスト』に邦題決定!来年4月7日公開へ
『ドラゴン・タトゥーの女』ワールドプレミアにデヴィッド・フィンチャー監督、ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラが登場
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...