2011/12/20

トヨタ、「ランドクルーザー」をマイナーチェンジ 1月6日発売

ZX (アティチュードブラックマイカ)  (内装色:ブラック)

トヨタは、ランドクルーザーをマイナーチェンジし、2012年1月6日より発売する。価格は4,400,000円から。月販目標台数は300台。

今回のマイナーチェンジでは、砂地・がれき・モーグル・岩石路など走行環境に応じて、スイッチ操作でトラクションやブレーキの制御を切り替え、オフロードの走破性を高める 「マルチテレインセレクト」や、車載カメラの映像から周囲の路面状況を確認できる「マルチテレインモニター」 を新たに採用した。

ステアリング操作のみでの極低速走行が可能な「クロールコントロール」は、速度設定を従来の3段階から5段階にするとともに、クロールコントロール走行時にタイトなコーナーでの回頭性を高める「ターンアシスト機能」を搭載した。

エクステリアは、フロントバンパー&グリル、フォグランプ、リヤコンビネーションランプ、サイドプロテクションモール、アルミホイール(18インチ・20 インチ)のデザインを変更し、プロジェクター式ヘッドランプとLEDポジショニングランプを新採用。サイドターンランプ付ドアミラーや雨滴センサー付フロントオートワイパーなどを標準装備した。

ボディカラーは新色アティチュードブラックマイカ、ベージュマイカメタリックを含む、全7色をラインアップする。インテリアは、内装・シートに明るく上品な新色シェルを含む全3色。インストルメントパネルなどに光沢のある木目調加飾を採用した。

また、「ZX」「AX“Gセレクション”」にステアリングヒーターを、「ZX」のフロントシートにシートベンチレーション(送風タイプ)機能を、サードシートには格納・固定がセミパワーで可能な機能を標準装備した。これに加え、視認性に優れた大型カラーTFT液晶の「マルチインフォメーションディスプレイ」を採用することで、走行状態やタイヤ切れ角などオフロード走行に必要な情報をはじめ、「燃費」や「矢印ナビ」など様々な車両情報を表示する。

【関連記事】
トヨタ自動車、 アルゼンチン工場の生産能力増強 投資額は1億2600万ドル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...