2011/12/17

トヨタ自動車、 アルゼンチン工場の生産能力増強 投資額は1億2600万ドル

トヨタ自動車は16日、アルゼンチンのブエノスアイレス州の工場の生産能力を増強したことを発表した。

このプロジェクトへの投資額は約1億2600万ドルで、今年11月に同工場の生産能力を年間6.5万台から9.2万台に増強した。

同工場では、2005 年から中南米向けにハイラックス、 フォーチュナーの生産を行っている。これまで、年間生産 6.5 万台のうち、70%程度をブラジルをはじめとする中南米約10ヶ国に輸出していたが、今後、年間生産の75%が輸出されることになる。

【関連記事】
スズキ、インドネシアで戦略モデルを発売
富士重工業、グループNの参戦者へ活動支援
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...