2016/11/10

フォルクスワーゲン、「The Beetle R-Line」発売 1.4L TSIエンジンを搭載


フォルクスワーゲングループジャパンは9日、「The Beetle R-Line(ザ・ビートル アールライン)」を追加設定し、発売した。

The Beetleシリーズでは限定車以外で初となるBlueMotion Technology搭載1.4L TSIエンジンを採用。ブレーキエネルギー回生システムを採用しており、燃費は18.3km/Lに向上した。

エクステリアは、フロントとリヤのバンパーデザインに加え、デュアルエキゾーストパイプやリヤスポイラー、17インチアルミホイールなどを採用し、スポーティで精悍な雰囲気を醸し出している。

ボディカラーは、他のグレード同様に「ストーンウォッシュドブルーメタリック」「ボトルグリーンメタリック」や「ハバネロオレンジメタリック」など全8色をラインアップする。

インテリアは、「The Beetle 2.0 R-Line」と共通のデザインを採用し、ブラックに統一したクールな空間を演出している。

安全面では、「ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)」や「リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)」、ドライバー疲労検知システム「Fatigue Detection System」を標準装備する。

価格は、294万5000円。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...