2016/05/18

米国:ここ10年間で電力部門CO2排出量が20%以上も減った理由

5月13日付けの米国エネルギー情報局(U.S. Energy Information Administration)の発表http://www.eia.gov/todayinenergy/detail.cfm?id=26232〕によると、2015年の電力部門のCO2排出量について、

①1993年以来最低
②2005年から21%減

となったのだが、これは、石炭から天然ガス・再生可能エネルギーへの転換が奏功したからであるとのこと。

《原文より抜粋》
Carbon dioxide (CO2) emissions from electricity generation totaled 1,925 million metric tons in 2015, the lowest since 1993 and 21% below their 2005 level. A shift on the electricity generation mix, with generation from natural gas and renewables displacing coal-fired power, drove the reductions in emissions.



石炭から天然ガスへの転換が進んだ理由は、近年の天然ガス価格低下と高効率ガスコンバインドサイクル発電技術の進展によるそうだ。

また、天然ガスは石炭に比べて、発電時の熱効率が高く、炭素含有量が低い。だから、天然ガス火力発電のCO2排出量は、石炭火力発電の約40%でしかないわけで、これもCO2排出抑制への寄与が大きい。

In recent years, the drop in natural gas prices, coupled with highly efficient natural gas-fired combined-cycle technology, made natural gas an attractive choice to serve baseload demand previously met by coal-fired generation.

Considering both the higher thermal efficiency of generators and lower carbon content of fuels, electricity generation using natural gas emits roughly 40% of the carbon dioxide that would be emitted from a coal-fired unit producing the same amount of electricity.



再エネの割合が増えてきたのは、主に風力・太陽光の増加による。

原子力発電は、過去10年間とも同じ割合で推移してきており、今でもCO2を排出しない最大の電源。

そして、再エネと原子力を合わせた割合は、2015年に33%と過去最高を記録した。

Renewable energy sources are gaining an increasing share of generation, driven primarily by increases in wind and solar capacity. Nuclear generation was relatively flat over the past decade but remains the single largest source of generation without CO2 emissions. Together, renewables and nuclear provided about 33% of overall U.S. electricity production in 2015, the highest share on record.



〔以上の図表の出所は、5月13日付けの米国エネルギー情報局(U.S. Energy Information Administration)の発表http://www.eia.gov/todayinenergy/detail.cfm?id=26232〕〕

(NPO法人社会保障経済研究所代表 石川 和男 Twitter@kazuo_ishikawa

※筆者は「Gadgetwear」のコラムニストです。 本稿は筆者の個人的な見解です。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...