2016/03/24

今年2月は過去数千年で最高気温、CO2排出は過去6600万年で最速ペース

今月21日の nature geoscience の発表によると、要するに、人為的なCO2排出速度は地球上の過去6600万年において最速ペースとのこと。

原文から抜粋》

Carbon release rates from anthropogenic sources reached a record high of ~10 Pg C yr−1 in 2014.

The Palaeocene–Eocene Thermal Maximum (PETM) is known at present to have the highest carbon release rates of the past 66 million years, but robust estimates of the initial rate and onset duration are hindered by uncertainties in age models.

We conclude that, given currently available records, the present anthropogenic carbon release rate is unprecedented during the past 66 million years. Also, future ecosystem disruptions are likely to exceed the relatively limited extinctions observed at the PETM.


(出所:http://mashable.com/2016/03/21/co2-fastest-66-million-years/?utm_cid=mash-com-Tw-main-link#C45B9scD5GqJ

また、今月21日の theguardian によると、今年2月は過去数千年の中で最高気温だったとのこと。下の2つの図で見ると、視覚的に認識することができる。


(出所:2016.3.21 theguardian


(出所:2016.3.21 theguardian

以上、気候変動の点において地球規模で危機的状況に入り込んでいることは理解されるはずだ。

(NPO法人社会保障経済研究所代表 石川 和男 Twitter@kazuo_ishikawa

※筆者は「Gadgetwear」のコラムニストです。 本稿は筆者の個人的な見解です。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...