2015/11/04

トヨタ、アクアを一部改良 特別仕様車「X-URBAN“Solid”」発売


トヨタ自動車は4日、アクアを一部改良するとともに、特別仕様車「X-URBAN“Solid”」を設定し、発売した。

今回の一部改良では、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備する(「S」、「L」はオプション設定)。レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能とした。先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能を標準装備する(「S」、「L」はオプション設定)。

そのほか、買い物フックを運転席・リヤ席のシートバックに追加(除く「L」)し、利便性を向上させたほか、ボディカラーにはシャイニーデコレーション専用色として、新色パープルメタリックを設定した。

X-URBAN“Solid”は、X-URBANをベースに、ブラックのフロントグリル、バンパースポイラー(フロント・リヤ)、ルーフモールなどに加え、スキッドプレート(フロント・リヤ)を特別装備し、クロスオーバーとしてのイメージをより強調した。  さらに、スマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム(イモビライザ-システム)、コンライトをセットにしたスマートエントリーパッケージを特別装備する。

価格は、176万1382円〜210万109円、X-URBAN“Solid”が215万5091円。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...