2015/06/18

メルセデス・ベンツ、4ドアクーペ「CLAシューティングブレーク」を発表


メルセデス・ベンツ日本は18日、4ドアクーペ「CLAシューティングブレーク」を発表し、同日より注文の受付を開始した。発売は6月下旬の予定。

CLAシューティングブレークは、スタイリッシュなフォルムに高い利便性を融合した、CLAの新たなモデルファミリー。車名は、1960年代、イギリスの貴族がクーペスタイルの乗用車に余暇を楽しむ道具を収納する広いラゲッジスペースを設定した車両を「シューティングブレーク」と呼んだことに由来している。

エクステリアは、ルーフラインとサイドの3本のキャラクターラインが生む流麗なスタイリングが特長。ルーフラインをリアエンドまで緩やかな曲線を描くように伸ばすことによって、スタイリッシュなフォルムを維持しながら、後席にステーションワゴン並みの十分な室内空間を備えた。ラゲッジルームは、通常時で495リッター(VDA方式)を確保し、後席バックレストを倒せば最大1354リッター(VDA方式)まで拡大できる。

安全面では、自動緊急ブレーキで追突を回避または被害軽減をサポートする「CPAプラス(緊急ブレーキ機能)」や、長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を検知して注意を促す「アテンションアシスト」を全車に標準装備するほか、渋滞追従機能を備えた「ディストロニック・プラス」やドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」などを含む先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を設定した。

ラインアップは、1.6リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載した「CLA 180 Shooting Brake」、「CLA 180 Shooting Brake Sports」、2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載した「CLA 250 Shooting Brake」に加えて、CLAとして初めてとなる、Mercedes-AMGが開発の初期段階から携わった「CLA 250 SPORT 4MATIC Shooting Brake」を用意した。

価格は、360万円〜545万円。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...