2015/02/12

クラッシュドアイス第2戦、スコット・クロクソールが優勝


アイスクロス・ダウンヒルの世界大会「Red Bull Crashed Ice」の第2戦が2月7日、フィンランド・ヘルシンキで開催され、スコット・クロクソール(カナダ)が優勝した。

2位にはマルコ・ダルラーゴ(オーストリア)が入り、3位にキャメロン・ナーズ(アメリカ)が続いた。

Red Bull Crashed Iceは、街中に作られた全長約600メートルの氷の特設コースを一斉に滑り降りるアイススケートのダウンヒルレース。最高時速は70kmに達し、コースに設置されたヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら順位を競う。

第3戦は、2月21日に北アイルランド・ベルファストで行われる。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...