2013/11/20

国内スマホ市場、アップルがシェア大幅拡大 半数超えに

IDC Japanは11月18日、国内携帯電話とスマートフォン端末の2013年第3四半期(7~9月)の出荷台数実績を発表した。2013年第3四半期の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンとフィーチャーフォンの合計)は、前年同期比18.6%減の899万台となった。

同社は、NTTドコモ向けのスマートフォンの販売台数が大幅に減少したことと、1年前の2012年第3四半期の出荷台数が高水準となった反動がマイナス成長の要因であるとみている。

スマートフォン出荷台数は前年同期比13.7%減の688万台となった。携帯電話総出荷台数におけるスマートフォン出荷比率は76.5%となり、前四半期(4~6月)の77.4%とほぼ同水準だった。

携帯電話のベンダー別出荷台数シェアは、アップルが41.4%で4四半期連続のトップとなった。次いで、ソニーが15.7%、シャープが10.3%だった。


スマートフォンのベンダー別シェアは、アップルが54.1%でトップとなり、前四半期の36.1%から大きくシェアを伸ばした。以下、ソニーが20.5%、シャープが7.3%だった。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...