2013/09/27

ホンダ、セナのF1鈴鹿最速ラップをCGで再現した「3D-View」を公開

本田技研工業は、アイルトン・セナの鈴鹿最速ラップをCGで再現した体験型Webコンテンツ「3D-View」をインターナビのWebサイト「dots lab by internavi」内で公開した。


3D-Viewでは、1989年にF1に参戦したマシン「マクラーレン ホンダ MP4/5」で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットの当時最速ラップを出した際に記録された実際のアクセル開度やエンジン回転数、車速の変化などの走行データを解析することによって再現したエンジン音と、3DのCG表現技術によってよみがえらせた走行軌跡を、さまざまな視点から楽しむことができる。

・dots lab by internavi
http://www.honda.co.jp/internavi-dots/dots-lab/senna1989/
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...