2013/08/24

メルセデス・ベンツ、新型Sクラスを日本導入 11月発売


メルセデス・ベンツ日本は、8年ぶりにフルモデルチェンジを行った「Sクラス」を日本に導入、10月1日より予約注文の受付を開始し、11月下旬より販売、納車を開始する。

エクステリアは、メルセデスのフラッグシップモデルならではの威厳を感じさせるフロントビューやクーペを思わせる流麗なフォルムに、先進的で躍動感のある最新のメルセデスデザインを融合し、洗練されたエレガントでモダンなデザインに仕上げた。

インテリアは、美しいカーブを描くダッシュボードからドア、シートまで流れるような一体感のある新デザインコンセプトを採用。細部に至るまで贅沢に使用した最高品質のレザーやウッド素材とあわせ、エレガントでエクスクルーシブな室内空間となっている。

このほか、最新鋭のサスペンションシステム「マジックボディコントロール」や進化した安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」など、ドライバーを支援する様々な装備を備える。

「レーダーセーフティパッケージ」は、従来の短距離/中長距離ミリ波レーダーに、ステレオマルチパーパスカメラとマルチモードミリ波レーダー(後方)を新たに追加することで、衝突事故を未然に防ぐドライビングアシスト性能を進化させた。また、「ディストロニック・プラス」に車線のカーブと先行車両をモニターしながらステアリング操作のアシストを行う機能を追加したほか、「BAS(ブレーキアシスト)プラス」には飛び出し検知機能が加えられた。

価格は、「S 400 HYBRID」が1090万円、「S 400 HYBRID エクスクルーシブ」が1270万円、「S 550 long」が1545万円、「S 63 AMG long」と「S 63 AMG 4MATIC long」が2340万円。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...