2013/08/01

メルセデス・ベンツ、専用チューニングを施した「C63 AMG Edition 507」を発売


メルセデス・ベンツ日本は1日、Cクラスのトップパフォーマンスモデル「C63 AMG」に専用チューニングを施しパフォーマンスを向上させた「C63 AMG Edition 507」を発売した。ボディラインアップはセダン、ステーションワゴン、クーペの3種類。

C63 AMG Edition 507に搭載されるAMG独自開発の6.3リッターV8エンジンには、SLS AMGのエンジン開発から生まれた鍛造ピストンやコンロッド、軽量クランクシャフトの採用に加え、熟練のマイスターによる専用チューニングを施すことで、最高出力はベースモデル比50PSアップの507PS、最大トルクは同10Nmアップの610Nmを発揮する。0-100km/h加速は4.3秒を達成。

ブレーキは、フロントとリアのブレーキディスクの大径化により制動力とペダル操作に対する応答性を高めた専用設計のAMG強化ブレーキシステムを採用。専用装備のAMGレッドブレーキキャリパーがアクセントとなっている。

エクステリアは、専用デザインの鍛造19インチAMGクロススポークアルミホイール、フロントグリルのフレーム部分、LEDドライビングライトをマットブラック仕上げとし、サイドにはマットブラックの専用デカールを施した。

インテリアは、レースタイマー機能を備えたAMGメーターパネルにレッドラインでアクセントが加えられ、12時の位置にセンターマーキングを配した専用AMGパフォーマンスステアリング、AMGアファルターバッハエンブレムがあしらわれた専用シルバーシフトノブを備えた。

また、Edition 507専用オプションとして「AMGトラックパッケージ」を設定した。

価格は、「C63 AMG Edition 507」が1210万円、「C63 AMG ステーションワゴン Edition 507」が1230万円、「C63 AMG クーペ Edition 507」が1220万円。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...