2013/06/13

2012年度スマートデバイス出荷台数、前年度比1.3倍増に

ICT総研がまとめたスマートデバイス市場の調査結果によると、2012年度のスマートデバイス出荷台数は前年度比1.3倍の3448万台となった。この調査における「スマートデバイス」は、スマートフォントとタブレットを総称するものとして定義している。

同社によると、スマートデバイスの出荷台数は今後も堅調に増加を続け、2016年度には2012年度比1.3倍の4533万台となる見通し。



また、2011年度はスマートデバイスのうちタブレット端末の割合が10.5%に留まるなど、スマートフォンが台数を牽引していたが、2012年度はタブレット端末の比率が14.2%に拡大した。2013年度以降もタブレット端末の出荷台数伸び率がスマートフォンを上回り、2016年度はスマートデバイス全体の22.3%を占めると見込んでいる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...