2013/05/17

レクサス、ISをフルモデルチェンジして発売 ハイブリッドモデルも追加


トヨタ自動車は、レクサス「IS350」「IS250」をフルモデルチェンジするとともに、新たにハイブリッドモデル「IS300h」を追加し、5月16日に発売した。

新型ISは、新生産技術を採用してボディ剛性を向上させたほか、新型リヤサスペンションや8-Speed SPDS(8速スポーツダイレクトシフト)を採用し、優れた操縦性と走行安定性を実現した。

スポーティバージョン“F SPORT”では、新工法を用いた専用スポーツシートや、LEXUS LFAの意匠・機構を受け継ぐ可動式メーターなどを採用。IS350“F SPORT”では、GSにも採用されたレクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)を搭載した。

デザインは、LEXUSのデザインアイコン「スピンドルグリル」を起点として力強さとスポーティさを表現したエクステリア、操作性に配慮したインテリアにより、ISならではのスポーツ性を予感させるスタイリングとした。

ボディカラーは、“F SPORT”専用色のホワイトノーヴァガラスフレークのほか、新色のソニックチタニウムを含む全10色をラインアップした。

IS300hは、FR用縦置き2.5L直列4気筒アトキンソンサイクルエンジンに高トルクモーターを組み合わせた新開発ハイブリッドシステムを搭載。1リットルあたり23.2km/Lの燃費を実現した。

価格は、IS250が420万円〜550万円、IS300hが480万円〜538万円、IS350が520万円〜595万円。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...