2013/04/10

フォルクスワーゲン、日本導入60周年記念「ゴルフ」限定車の先行受注を開始


フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、新型ゴルフに日本導入を記念した限定モデル「ゴルフ デア・エアステ」を設定し、4月13日より先行受注を開始する。

ゴルフ デア・エアステは今年導入を予定しているフォルクスワーゲン国内正規輸入60周年を記念した限定モデルの第1弾。導入記念モデルとして装備を充実させた「TSIコンフォートライン」と「TSIハイライン」の2種類をラインアップする。

「TSIコンフォートライン デア・エアステ」は1.2リッターのTSIエンジンと7速DSGを搭載。安全装備では、クラス初のマルチコリジョンブレーキを採用したほか、フロントアシストプラス(ミリ波レーダー)に、ACC(アダプティブ クルーズ コントロール)やフロントカメラを組み合わせたレーンキープアシスト、バイキセノンヘッドライトなどを標準装備する。

「TSIハイライン デア・エアステ」は、シングルチャージの1.4リッターTSIエンジンに気筒休止システムを採用したエンジンを搭載。トランスミッションは7速DSGを採用した。「TSIコンフォートライン デア・エアステ」の装備に加え、LEDポジションランプ付のバイキセノンヘッドライトや専用デザインの17インチアルミホイールを装備するほか、インテリアにはアルカンターラ&ファブリックのスポーツシートやドライビングプロファイル機能などを採用した。

価格は「ゴルフ デア・エアステTSIコンフォートライン」が279万円、「ゴルフ デア・エアステ TSIハイライン」は305万円。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...