2013/03/06

スバル、次世代クロスオーバー「VIZIV CONCEPT」を世界初公開 ジュネーブモーターショー2013


富士重工業は、スイスで開催中のジュネーブモーターショーで「SUBARU VIZIV CONCEPT(スバル ヴィジヴ コンセプト)」を世界初公開した。

SUBARU VIZIV CONCEPTは、スバルブランドを将来にわたり高めていく新デザイン、新技術の方向性を示し、「安心と愉しさ」という価値を表現した次世代クロスオーバーコンセプト。モデル名の「VIZIV」は「Vision for Innovation」を語源とする造語で、革新のための未来像としてブランドの方向性を示すコンセプトカーであることを表現した。

パワートレインには「Subaru Boxer Diesel Hybrid」を搭載。2.0Lスバルボクサーディーゼルと高トルク対応型リニアトロニック(CVT)に、フロントには駆動・発電兼用の1モーター、リヤには駆動専用の独立2モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを採用した。

駆動システムには「リヤ独立モーター駆動タイプシンメトリカルAWD」を搭載した。後輪駆動専用の2つのモーターが左右の駆動力を自由自在に制御するとともに、フロントモーターとリヤモーターとの協調制御により前後輪の駆動力もコントロールし、アクティブセイフティ性能を高めた。

エクステリアは、シンプルでクリーンな面と線の構成をデザインの基本にし、塊感のあるボディと凝縮感のあるキャビンの理想的なバランスを追求した。ボディカラーは「ミストラル シルバーメタリック」を採用。

コックピットはドライバーの操縦性、操作性を重視したインストルメンタルパネルのレイアウトとし、スバルの先進運転支援システムEyeSightの作動状況などが表示される。中央には視認性に優れた円筒型のタコメーターとスピードメーターを配し、機能とスポーティさを両立した。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...