2012/10/06

iPhone5の通信速度は全国的にauが優勢、LTEがつながりやすくウェブ表示も速い

MMD研究所がまとめたiPhone5のキャリア・地域別通信速度比較調査の結果によると、au版iPhone5はソフトバンク版に比べてLTE捕捉状況が高く、通信が安定しており、ウェブの表示速度が速いという結果となった。

au版はダウンロード平均13.44Mbpsに対し、ソフトバンク版は平均9.56Mbpsだった。

全調査スポット39カ所のうち、au版は36カ所でLTEが入ったのに対し、ソフトバンク版は25カ所だった。LTEが入る調査スポットに限定した場合、au版はダウンロード平均14.16Mbpsとなり、各調査スポットで通信が安定していた。一方、ソフトバンク版は12.11Mbpsで、LTEにつながりながらも調査スポットごとで通信速度に差が出る結果となった。

Yahoo!Japanのウェブ表示速度は、au版が平均2.62秒、ソフトバンク版が平均4.21秒で、全国的にau版の表示速度が速いという結果となった。LTEが入るスポットに限定すると、au版が2.47秒、ソフトバンク版が2.81秒だった。

調査結果の詳細は以下の通り。


調査は、2012年9月27日~10月2日の間、全国9都市39地域で実施した。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...