2012/09/26

BMWの最上級セダン「7シリーズ」発売 燃費最大50%向上


BMWは26日、プレミアム・ラグジュアリー・セダン「7シリーズ」を発売した。

丸型4灯デザインをベースに上下がカットされたライト・リングを備えたLEDヘッドライトを新たに採用。新世代の直列6気筒およびV型8気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、全モデルに高効率8速オートマチック・トランスミッションを採用した。燃費は先代モデルに比べて最大約50%向上した。

「740i」と「740Li」は、ツイン・スクロール・ターボチャージャーに、高精度ダイレクト・インジェクション・システムおよびバルブトロニックを組み合わせた直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを新たに搭載する。最高出力は235kW(320ps)/5,800rpm、最大トルクは450Nm(45.9kgm)/1,300rpm-4,500rpm。5.7秒で時速100kmに達する。燃費は、従来モデルに比べ48%向上し、12.1km/Lを実現した。

「750i」と「750Li」は、ツイン・ターボチャージャー、高精度ダイレクト・インジェクション・システムに加え、4.4リッターV型8気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載する。最高出力と最大トルクは従来モデルに比べて約10%向上。4.8秒で時速100kmに達する。燃費は、従来モデルに比べ39%向上し、9.3km/Lを実現した。

「ActiveHybrid 7」と「ActiveHybrid 7 L」は、新たに直列6気筒エンジンを組み合わせたフル・ハイブリッド・システムを搭載し、燃料は14.2km/Lを実現した。

価格は、「740i」が1022万円、「740Li」が1092万円、「750i」が1297万円、「750Li」が1437万円、「760Li」が1958万円、「ActiveHybrid 7」が1198万円、「ActiveHybrid 7 L」が1338万円。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...