2012/09/10

9割が地震に不安、飲食料の備蓄や非常用グッズで対策

約9割の人が大きな地震の発生を不安に感じており、男性よりも女性のほうが不安に思う割合が高いことが、ライフメディアのリサーチバンクの調査によって分かった。

地震への備えは「水・食料などの備蓄」「非常用持ち出しグッズを用意している」「上のほうにものを置かない」が上位に挙げられた。一方、「特にしていない」は26.5%で、4人に1人が地震対策をしていない結果となり、その理由として「どのようなことをすればよいのか分からない」という回答が最も多かった。

調査は、2012年8月17日〜8月22日の間、10代〜60代の全国の男女を対象に実施した。有効回答数は1389件。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...