2012/07/05

マツダ、ロードスターを一部改良


マツダは5日、小型オープンスポーツカー「ロードスター」を一部改良し、発売を開始した。価格は233万円から。

今回の一部改良では、ソフトトップ車にスポーティなブラック、パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車にプレミアム感のあるシルバー基調の装備を採用。フロントフェイスのデザインを変更し、よりアグレッシブなデザインに仕上げた。

インテリアは、本革シートに質感の高い新色「タン」色を採用。デコレーションパネルとステアリングホイールベゼルは光沢のある深みと表情を持った新色の「グロッシーダークグレー」に変更した。

MT車は、スロットル制御プログラムをより緻密に設定し、コーナーを曲がり再加速する場面などでスロットルレスポンスをリニアでより扱いやすくしたほか、ブレーキブースターの特性を変更し、減速時のコントロール性を向上させた。

また、重量の増加を抑えるため、新デザインのフロントバンパー、アクティブボンネット、新デザインの17インチアルミホイール、車両内部の配線にいたるまで軽量化を追求した。

安全面では、万一の事故にボンネット後端を持ち上げて、歩行者の頭部への衝撃を緩和する「アクティブボンネット」を初採用した。

ボディカラーは「メトロポリタングレーマイカ」を廃止し、新たに「ドルフィングレーマイカ」を追加して全7色を展開する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...