2012/06/02

社員のSNS利用、ルールがあるのはわずか17%

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、ビジネスパーソンを対象に「先輩社会人のソーシャルメディアインサイト調査」を実施。その結果、ソーシャルメディア利用に関するガイドラインを「設定している」と回答したのは全体の16.8%だった。

最も活用しているソーシャルメディアについて調査したところ、「Facebook」が32.5%、「Twitter」が31.2%、「mixi」が27.9%だった。

最も活用しているソーシャルメディアで所属している企業名を公開しているか聞いたところ、「公開している」が17.6%、「公開していない」が82.4%だった。

情報収集した情報をどのような形で保存・共有しているかという質問では、「Twitterにツィート」が48.9%で最も多く、次いで「Facebookのフィードに投稿」が30.3%、「メールで関係者や社内で共有」が28.2%という結果となった。

ソーシャルメディアの利用の有無に関わらず、会社でソーシャルメディアを活用する上でガイドラインの有無について質問したところ、「ガイドラインはない」という回答が44.1%で最も多く、「わからない」が39.0%、「ガイドラインはある」がわずか16.8%という結果となった。

企業は社員のソーシャルメディア利用に関して、ソーシャルメディアポリシーやガイドラインの設定をする必要があるか聞いたところ、「絶対に必要だと思う」が24.5%、「どちらかと言えば必要だと思う」が51.9%と合わせて76.4%が必要と考えていることがわかった。

調査は、2012年4月25日~2012年5月2日の8日間、ビジネスパーソン611人を対象に実施した。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...