2012/06/14

スマホに変えてからよく使うようになった機能は?

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、20歳~59歳のスマートフォン所有者546人を対象に、スマートフォン所有者の接触頻度に関する実態調査を行った。調査結果によると、スマートフォンを所有後に「インターネットの閲覧」「GPS機能」「動画の視聴」の接触頻度が高くなったことが分かった。

現在使用しているスマートフォンの購入時期について尋ねたところ、2010年に購入した人は18.2%、2011年に購入した人は50.9%、2012年5月までに購入した人は27.7%だった。

また、スマートフォン所有前と所有後で接触時間が変わったものは、トップが「インターネットの閲覧」で77.3%、「GPS機能(地図、位置情報など)」が65.0%、「動画(Youtubeなど)の視聴」が52.2%と続いた。

スマートフォンを所有してから変化したことについて質問したところ、「ゲームアプリで遊ぶようになった」と回答した人が44.3%と最も多く、次いで「無料通話アプリで通話するようになった」が31.3%、「スマートフォンでネットショッピングを行うようになった」が28.8%という結果となった。

調査は、2012年6月5日〜6月6日の2日間、20歳〜59歳のスマートフォン所有者546人を対象に実施した。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...