2012/05/08

スバル、「レガシィ」を改良 2.0ℓ水平対向直噴ターボエンジン搭載「2.0GT DIT」を追加


富士重工業は8日、レガシィシリーズを改良するとともに、2.0ℓ水平対向4気筒DOHC直噴ターボエンジンを搭載したグレード「2.0GT DIT」を設定して発売した。

今回の改良は「全性能進化」をコンセプトに、「デザイン」「環境・燃費」「走り」「安心・安全」の4つの要素を進化させた。新しいスバルデザインモチーフの採用、新世代ボクサーエンジンと新リニアトロニック(CVT)搭載による燃費性能向上、SI-シャシーの改良、先進運転支援システム「EyeSight(ver.2)」の進化など、あらゆる改良を図っている。

また、新たに設定する「2.0GT DIT」は、2.0ℓ水平対向直噴ターボエンジンと、従来型を改良した高トルク対応リニアトロニックを組み合わせ、専用の足回りやブルーを基調にした内外装デザインを織り込み、スポーティで上質な世界観を演出するハイパフォーマンスと環境性能を高い次元で融合させている。

価格は、ツーリングワゴンが243万6000円〜359万1000円、B4が 226万8000円〜343万3500円、アウトバックが269万8500円〜372万7500円。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...