2012/04/12

レクサス、RXをマイナーチェンジ スポーティバージョン「F SPORT」を新設定


レクサスは、「RX450h」「RX350」「RX270」をマイナーチェンジし、12日に発売した。価格は430万円から。

エクステリアは、スピンドルグリルやL字型LEDクリアランスランプ・テールランプなどを採用。ボディカラーは、新設定のプラチナムシルバーメタリック、ガーネットレッドマイカ、ファイアーアゲートマイカメタリック、ラピスラズリマイカを含む全10色をラインアップした。

インテリアは、シートにアクセントステッチを追加し、シートカラーを新設定のガーネットとサドルタンの2色を含む全5色を用意するなど、上質でスタイリッシュな室内空間を演出している。

また、ナビゲーションシステムを一新し、社会インフラと協調して安全運転をサポートするDSRC/DSSS対応のモデルとしたほか、ナビゲーションやオーディオをマウス感覚で操作できる第2世代リモートタッチを採用。一部グレードにリヤシートエンターテインメントシステムをオプションで設定し、操作性・快適性を向上させた。

そして、新たに、RX450h/RX350にスポーティバージョン「F SPORT」を設定した。大型エアロバンパーや19インチアルミホイール、専用シートやパドルシフトなど、F SPORT独自の内外装を採用。専用チューニングを施したサスペンションと、ボディのたわみや微振動を吸収するパフォーマンスダンパーにより、スポーティな走りを実現したという。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...