2012/04/26

マツダ、「RX-8」最後の特別仕様車を追加生産


マツダは26日、2011年11月に発売した、ロータリーエンジン搭載の4ドアスポーツカー「RX-8」の最後の特別仕様車「SPIRIT R」が、販売計画台数1000台を超える受注を得たため、1000台の追加生産を決定したと発表した。

最も人気の高いモデルは6MT車で、エアロパーツやビルシュタイン社製ダンパーを装備し、専用のRECARO社製バケットシートやブロンズ塗装の19インチ鍛造アルミホイールなどを装着する。同モデルの販売構成比は「RX-8」全体の66%を占める。

ボディカラーは、アルミニウムメタリック、スパークリングブラックマイカ、クリスタルホワイトパールマイカの全3色がほぼ同じ販売構成比となっている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...