2012/04/23

スバル、中国仕様の「2013年型レガシィ」を発表 北京モーターショー2012


富士重工業は、4月23日に開幕した北京モーターショーで、中国仕様の「2013年型レガシィ」を発表した。

2013年型レガシィは通常の年次改良よりも広範囲に渡って改良された。新世代ボクサーエンジン(水平対向エンジン)を新たに搭載し、第2世代リニアトロニック(CVT)を組み合わせることで、燃費性能の向上させた。また、ダンパーとスプリングレートの設定変更、クレードルフレームや車体骨格の補強などにより、操縦安定性の更なる向上を図った。

エクステリアは、中国市場の特性に合わせて、圧倒的な存在感と個性的なデザインを施した。ワイド感・安定性・シャープさを表現するヘキサゴングリルやスバル車共通のモチーフをヘッドランプに採用することで、レガシィらしさを強調しながら、フロントマスクをよりスポーティで精悍なイメージにした。

さらに、車高を約60mm上げ、フロントバンパー、サイドスポイラー、リヤバンパーのデザインを新設計した。車幅は40mm拡大し、サイドシルスポイラーやリヤバンパーにクロムモールを追加し、高級感を持たせた。

インテリアは、センターパネル、フロントコンソール、ステアリングスイッチパネルをシルバーから黒金属基調色に変更し、電動パーキングブレーキのレイアウト変更やSIドライブのスイッチ位置変更を施した。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...