2012/03/07

グーグル、災害対応への新しい取り組みを開始

グーグルは、東日本大震災での災害対応の経験、教訓を踏まえ、災害対応への新しい取り組みを7日から開始した。

災害時に安否情報を検索できる「Google パーソンファインダー」が、NTTドコモの「災害用伝言板」とKDDI・沖縄セルラーの「災害用伝言板サービス」から新たに利用可能となる。パーソンファインダーで家族や友人の携帯電話の番号を検索すると、各携帯キャリアが提供する災害用伝言板サービスに直接アクセスできる。



また、「Google 災害時ライフラインマップ」にライフライン、インフラの情報を集約し、au携帯電話のエリア復旧状況情報や東京ガスの復旧エリア情報、自動車通行実績情報マップなどを閲覧することができる。



さらに、Googleが提供する各種、災害関連情報サービスやツールをまとめたサイト「Google Crisis Response」を常設するほか、Google 外部の視点から記録と検証、そして将来への提言を行うことを目的に「東日本大震災と情報、インターネット、Google」で毎週金曜日に連載記事を公開する。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...