2012/02/16

マツダ、新型SUV「CX-5」を発売


マツダは16日、新型クロスオーバーSUV「CX-5」を発売した。価格は、205万円〜319万円。国内での月間販売台数は1,000台を計画している。

CX-5は、初めて「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」を全面的に搭載した、マツダの新世代商品群の第一弾。

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車は、高価なNOx後処理装置なしでポスト新長期規制に適合しながら、すべてのSUVの中でトップとなる18.6km/Lの優れた燃費性能と、最大トルク420N・mによる4.0L V8ガソリンエンジン車並みの力強い走りを両立する。

高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車は、4-2-1排気システムを初採用し、16.0km/Lの優れた燃費性能でありながら、クルマとの一体感が味わえるリニアで気持ちのよいパワーフィールを得ることができるという。

デザインは、マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)」を初めて全面的に採用した。

室内は、後部座席に大人2名が快適に座れる4:2:4分割可倒式シートバック&カラクリフォールドを「XD(クロスディー) L Package」「XD」「20S」に標準装備している。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...