2012/02/01

アップル、ビデオ編集ツール「Final Cut Pro X」の最新版をリリース


アップルは1月31日、プロ用ビデオ編集アプリケーション「Final Cut Pro X」の最新版を発売した。新バージョンは「v10.0.3」。価格は2万6000円で、Final Cut Pro Xを利用しているユーザーはMac App Storeから無料でアップデートできる。

新バージョンでは、最大64アングルのビデオと写真を自動的に同期させるマルチカム編集、アプリケーションの中で複雑な調整を行なうための高度なクロマキー機能などの新機能が含まれている。

マルチカムプロジェクトを編集するための新しいツールが備わっており、様々なフォーマット、フレームサイズ、フレームレートが混在したクリップでも、アングルエディターによって正確な調節を行なうことができる。また、アングルビューアを使えば、多くのアングルを同時に再生し、それらの間でシームレスにカットすることができる。

ワンステップクロマキーをベースに、カラーサンプリング、エッジアジャストメント、ライトラップを含む高度なコントロールを追加。複雑なキーイング作業を、モーショングラフィックスアプリケーションに書き出すことなくFinal Cut Pro Xの中で進めることができ、結果をリアルタイム再生ですぐに見ることができる。

また、ThunderboltデバイスとPCIeカードをサポートするブロードキャストモニタリングのベータ版が含まれており、制作中のプロジェクトが放送仕様に適合しているかどうかを確認することが可能。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...