2012/02/20

ホンダ、「CB1100」をマイナーチェンジ 特別色「CB1100 BLACK STYLE」を発売


本田技研工業は20日、空冷エンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル「CB1100」をマイナーチェンジするとともにカラーリングを変更し、27日に発売すると発表した。また、あわせて特別色を施した「CB1100 BLACK STYLE」も発売する。価格は、CB1100が99万7500円〜、CB1100 BLACK STYLEが96万6000円〜。

新しいCB1000は、シートに網状のクッション「e-cushion」を国内市販二輪車で初採用し、乗り心地を向上させた。サイドカバーにCB1100の立体エンブレムを採用し、左右のエンジンカバーのホンダロゴ部分をブラックに塗装することで質感の向上を図った。その他に、メーターパネルの視認性を向上させ、ハンドル形状をゆったりとしたライディングポジションを実現するアップハンドルタイプに統合した。ボディカラーは、新色のデジタルシルバーメタリックと、継続色のキャンディーグローリーレッド-U、パールミルキーホワイトの3色をラインアップしている。

CB1100 BLACK STYLEは、車体色に精悍なグラファイトブラックを採用し、エンジン、前・後ホイール、リアサスペンションスプリング、フロントフォークボトムケース、サイドカバー、ステップホルダーなどのカラーをブラックで統一し、力強さとワイルド感を強調したという。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...