2012/01/06

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D4」発売

ニコンの子会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンデジタル一眼レフカメラの新たなフラッグシップモデルとなる「ニコン D4」を2月16日に発売する。

「D4」は、新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサー(撮像サイズ36.0×23.9mm)と、ハイスペックなデジタル一眼レフカメラに最適化した新画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載し、高精細・高画質と同時に優れた高速性能を実現した、ニコンデジタル一眼レフカメラの次世代フラッグシップモデル。有効画素数は16.2メガピクセル。

常用感度域は、ISO 100~12800まで拡大し、ISO 50相当までの減感、ISO 204800相当までの増感ができ、幅広い輝度状態で撮影ができる。新開発の91Kピクセル(約91,000ピクセル)RGBセンサーによって、「アドバンストシーン認識システム」の精度をより高め、光学ファインダー使用時にも人物の顔認識が可能。

また、AF、AE、i-TTL調光、AWBなどの制御精度も向上した。51点AFシステムは、初動速度と低輝度の被写体への対応力を一段と高めるとともに、11点のフォーカスポイントはf/8対応とすることで、超望遠NIKKORレンズとテレコンバーター(2.0×)の組み合わせ使用時にも高精度なAFを可能としている。

動画撮影機能「マルチエリアモードフルHD Dムービー」は30fpsのフルHDに対応しており、3つの動画フォーマットを作画意図に応じて使い分けることができる。次世代高速メモリーカード「XQDメモリーカード」、高速なコンパクトフラッシュカード「UDMA7」に対応し、メモリーカードへの書き込み速度が向上。

有線LAN機能の搭載に加え、無線LANでの高速転送を実現する新開発の小型ワイヤレストランスミッター「WT-5」にも対応。カメラ内でIPTC(国際新聞電気通信評議会)情報の付加機能も搭載している。

なお、ニコンは、1月10日から13日まで米国ネバダ州・ラスベガスで開催される「2012インターナショナルCES (The 2012 International CES)」に「D4」の実機を展示し、一般公開する。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...