2011/12/21

マツダ、新型「CX-5」を東京オートサロンに展示

マツダ CX-5

マツダは、2012年1月13日から15日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2012 with NAPAC」に、来春発売予定の新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」を含む計10台を展示すると発表した。

マツダは、環境性能とダイナミックパフォーマンスを飛躍的に向上させる「SKYACTIV技術」を全面的に採用し、来春の国内市場導入を予定している新型SUV「CX-5」2台を参考出品する。

また、「デミオ」「アクセラ」「プレマシー」「ロードスター」などの特別仕様車をベースにした用品装着車など、出品テーマである「環境の先にある、走る歓びを」に沿ってカスタマイズされたモデルを公開する。

マツダの展示ブースではSKYACTIVエンジンや変速機を紹介する技術展示や、開発関係者や自動車ジャーナリストによるSKYACTIV技術に関するトークショーを実施するとともに、屋外イベント会場ではロータリーエンジン搭載のレース仕様車「マツダ 787B」のデモ走行を予定している。

【関連記事】
マツダ、「 AZ-ワゴン」の特別仕様車を12月21日に発売
トヨタ、アイシスの特別仕様車を12月20日に発売
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...