2011/12/10

パナソニック、欧州スマートフォン市場に参入 900万台販売目指す

パナソニック モバイルコミュニケーションズは12月9日、2012年3月から欧州市場でスマートフォンを発売すると発表した。欧州を足掛かりにグローバル展開を進め、2015年度には海外市場でスマートフォンの販売台数900万台を目指す。

グローバルモデル第1弾は、薄型で防水・防塵設計、4.3インチの大画面スマートフォンだ。2012年度中にラインナップを拡大し、欧州でスマートフォン150万台の販売を目指す。さらに2015年度には、欧州・アジア・中国・米州で900万台、日本国内600万台(内、スマートフォン500万台)と合わせ、世界販売台数1,500万台を目標とする。

パナソニックグループは、2012年1月のグループ体制再編に先駆け、今年4月にシステムコミュニケーションズ社(SNC)を設立した。パナソニック モバイルコミュニケーションズは、このSNCのグループ会社であるパナソニックシステムネットワークス株式会社(PSN)とパナソニック システムソリューションズジャパン株式会社と相互リソースの活用を進めている。既に、一部の国内商品をPSNのマレーシア工場で生産しており、今回のグローバルモデル1号機も本工場で生産する予定だ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...